髪のためにもアミノ酸サプリは大事

髪の毛とアミノ酸の関係

髪の毛はタンパク質でできている、というのは何となく理解していました。

 

もう少し掘り下げてみると、そのたんぱく質を作っている主要な成分は「ケラチン」というものなんですね。
なんと、ケラチンが99%を占めているそうです。

 

ケラチン配合のシャンプーを使っていましたが、これは髪と同じ成分を外側から与える、ということなんですね!
ケラチンが白髪を防ぐと聞いたこともありますが、その真偽はともかくとして必要な成分なのは間違いなさそう。

 

そして、ケラチンはシステインというアミノ酸でできているそうです。

 

となると、体の中のシステインが減少すると、いい髪の毛は作られないということになります!

 

 

髪の毛は体の末端なので栄養が行きわたるのが最後になるそうです。
システインが足りていないと髪の毛までとどかなくなってしまうというわけですね。

 

私も何かあるとすぐ髪が傷んだりパサついたりしますが、これは内側の栄養が
足りていないことが原因だったのかな、と思います。

 

シャンプーをアミノ酸系のものにすることも大事ですが、内側からもケアしないと
なかなか艶のある髪の毛にはならないのかもしれない、と思いました。

 

 

シリコンなどのコーティング剤で見かけ上髪をツルツルにすることはできますが、
これはかえって髪の毛を傷める可能性が大きいのです。

 

いわば、髪の毛を合成のもので覆ってしまうので、髪を内側から元気にするのとはわけが違います。
シリコンを使い続けていくと毛穴がふさがってしまったり、髪の毛そのものも内側がすかすかに
なってしまう、という指摘もあります。

 

 

さらに、ラうレス硫酸系の添加物は髪をツヤツヤにしてくれますが、毒性の強い成分です。
こういった添加物を使うと安くシャンプーができるので使われることがありますが、注意したいですね。

 

最近はラうレス硫酸系のシャンプーは少なくなってきましたが、ドラッグストアではまだみかけます。
シャンプーを買うときは成分をきちんと確認することが大事だそうです。
知らないって怖いですね。

 

 

本当につやのある元気な髪になるには、少し時間がかかりますが、正しい方法で髪を育てることが大事だと思います。